カテゴリ:R e c i p e s( 6 )
それでいいのだ

2009/11/13 (fri)

前回に引続き、静かに食べたい朝ごはんシリーズ。

c0207745_18491672.jpg
小鉢



牛しぐれそぼろ

*材料
 牛ひき肉 150g
 しいたけ 1枚(みじんぎり)
 生姜   2かけ(みじん切り)
 (酒 大2  みりん 大1  醤油 大1  砂糖大1)

*作り方
 鍋に全ての材料を入れて、よくかき混ぜる。
 どろどろになったところで、かき混ぜながら、火にかける。
 水分が無くなるまで煮詰める。


c0207745_19323626.jpg





ヒジキの佃煮

*材料
 ヒジキ(乾) 5g(大1)
 ごま油    小1
 みりん    大2
 塩      小1/2

*作り方
①ヒジキはもどして、しっかりと水気を切る。
②フライパンにごま油を入れ、塩をしてひじきをいためる。
 2~3分いためたら、みりんを加えて水分が無くなるまで煮詰める。


c0207745_19342760.jpg





なめたけ

*材料
えのきだけ  1袋(1cm幅にきる)
(みりん 大1  醤油  大2/3)

*作り方
 鍋に材料を全て入れて、火にかける。水分が無くなるまで煮詰める。


◯イナコ先生より
 自分でご飯のおともをつくると、以外に簡単、塩分も控えることができる。
 その分日持ちはしないけど、しっかりと水分をとばせば、冷蔵庫で3~4日はもつ。
 作らなくても、少しだけ贅沢をして、デパートで買ってみてもいい。
 優雅な気持ちになれば、それでいい。



c0207745_19444112.jpg





photograph : yuka yanazume
[PR]
by inacoya | 2009-11-13 19:36 | R e c i p e s
静かに食べたい朝ごはん

2009/11/11 (wed)

気づいたら、1ヶ月近く更新できず、、、
友人たちから、まだ?まだ?とありがたいお言葉。
お待たせいたしました。ようやく、です。

色づいた紅葉に雨降り。冬の気配を感じる今朝。
静かな朝を過ごしたい・・・
そんなときに思い出してほしい朝ごはんをご用意しました。

c0207745_11361522.jpg
静かに食べたい朝粥セット


白かゆ

*材料
米 0.5 合
水 300 cc

*作り方
①米をざっと洗い、ざるに上げて30分おく。
②鍋に①と水を入れて、火にかける。沸騰したところで、火を弱めて15分炊く。

◯イナコ先生より
 以前は、「お米を研ぐ」なんていっていたけれど、
 さいきんは、「お米を洗う」のほうがしっくりとくる気がする。
 それくらいざっと表面の汚れを落とすくらいでいい。


c0207745_1284225.jpg





ほうれん草と桜海老の和え物

*材料
ほうれん草  1/2束
桜海老(乾) 大1
醤油     小1

*作り方
①ほうれん草はさっとゆでて水気を絞り、3~4センチ幅にきる。
②残りの材料と和える。


c0207745_12155447.jpg

次回は、佃煮の作り方をご紹介します。



photograph : yuka yanazume
[PR]
by inacoya | 2009-11-11 12:02 | R e c i p e s
人参の胡麻酢和え

2009/10/17 (sat)

c0207745_20381943.jpg
人参の胡麻酢和え


人参の胡麻酢和え

材料(2人分)
人参    2/3本(千切り)
酢     大1/2
砂糖    小1/2
醤油    小1/2
すり胡麻  小1
塩     少々

作り方
1) 人参に塩をふり、もみこんで5分おき、しっかりと水気を切る。
2) ボウルに残りの材料を入れて混ぜ合わせ、人参も加えて和える。


ものすごく簡単なのに、しっかりとした一品。冷蔵庫に人参がある方は明日の食卓へぜひ!
来週は、スペシャルな朝メニューのレシピを掲載します。お楽しみに!
[PR]
by inacoya | 2009-10-17 20:39 | R e c i p e s
鶏そぼろと根菜の味噌汁
2009.10.10 sat

あったかいもの食べたい!
口癖のように、つぶやく季節になりました。寒いです。
そんな秋深い夜に、
inaco先生からご提案していただいたレシピは、具だくさんなお味噌汁。
これだけでおかずにもなるし、お鍋にしてもいいかもしれない。
そんなレシピです。
私はさっそく今朝いただきましたが、鶏の出汁がしっかりでてて、
本当に美味しい。何よりしょうがたっぷり、温まります。

+


鶏そぼろと根菜の味噌汁

材料(2人分)
鶏ひき肉   100g
生姜     2かけ(みじん切り)
しいたけ   2枚 (5㎜幅に切る)
ごぼう    1/3本(縦半分に切り、斜め薄切り)
人参     5cm (短冊切り)
長ネギ    1/3本(5㎜幅の小口切り)
水      600cc(3カップ)
酒      大1
あわせ味噌  大2

作り方
1) 鍋に生姜、鶏肉、水1カップ分、酒を入れ、よく混ぜ合わせ、火にかける。
2) かき混ぜながら沸騰させ、2~3分煮立てる。
3) 残りの水と、しいたけ、長ネギ、人参、ごぼうを入れて、再度沸騰させ、
  あくを取り除く。
4) 5分ほどにて、野菜に火がとおったところで、いったん火を止めて味噌をときいれる。

* 水から鶏肉を入れることで、きれいなそぼろになり、出汁も出るので、
 出汁いらずのお味噌汁です。
* 温めなおす際に煮立たせないように気をつけてください。
[PR]
by inacoya | 2009-10-10 22:52 | R e c i p e s
根菜の季節
2009.10.3 sat

たくさんの根菜がスーパーに並んでるのをみていると、秋も深まってるなあとしみじみ。今日はその根菜を使って、この週末に作り置きしておきたい二品をご提案。「ポテトサラダ」と「蓮根のバルサミコ炒め」です。


c0207745_10241218.jpg
ポテトサラダ

ポテトサラダ

材料(2〜3人分)
じゃがいも     2個(大きめ)
クリームチーズ   60g(大さじ4)
ブラックオリーブ  5個
らっきょう     5個
塩・胡椒      適量

作り方
1) じゃがいもは皮をむいて茹でる。オリーブとらっきょうは粗く刻む。
2) 茹で上がってまだ熱いじゃがいもに、オリーブ、らっきょう、クリームチーズを混ぜ、
  塩を2つまみ加えてつぶすようにして混ぜ合わせる。胡椒をたっぷりとかける。

*塩はそれぞれ味が違います。自分の持っている塩の味を確認してみましょう。





c0207745_102875.jpg
蓮根のバルサミコ炒め

蓮根のバルサミコ炒め

材料(2〜3人分)
蓮根     10㎝
バルサミコ  大1
オリーブ油  小1
塩・胡椒   適量

作り方
1) レンコンは皮をむき、5cmの長さに半分に切り、1cmの拍子切りにする。
2) フライパンにオリーブ油をいれ熱し、弱火にして塩をひとつまみ入れて、
 蓮根をじっくりと炒める。
3) 透き通ってきて火がとおったら、バルサミコを入れてさっと混ぜ合わせる。
  塩・胡椒で味をととのえる。
[PR]
by inacoya | 2009-10-03 10:16 | R e c i p e s
はじめの一品
2009.10.1 thu

おいしい時間をお過ごしですか?

こちらは、出張料理家・稲中寛子さんと一緒に、おいしい雑談をかわしながら綴る日記です。日常のレシピやケータリングのこと、お気に入りのレストランや食材、そしておいしい余談まで・・・残念ながら本人直筆ではないですが、お伝えしていけるといいなって思ってます。

第一回目は「はじめの一品」と題して、鍋炊きごはんと三つ葉のお味噌汁のレシピです。お鍋でお米を炊くなんて大変そう、と思っていたけれど、これが意外と簡単なのだよ、と教えてくれた稲中さん。炊飯器とはまた違う、音の楽しみや香りの楽しみ、そして炊きたてのあの食感をぜひ試してみて下さい。

c0207745_223386.jpg
鍋炊きごはんと三つ葉のお味噌汁


出汁

材料
水   5カップ
昆布  8cm
鰹節  20g

作り方
1) 昆布は布巾で汚れをふき取る。水、昆布を鍋に入れ、弱火で火にかける。
  細かい泡がたってきたら昆布を取り出す。
2) 煮立ったら、火を止め、カツオ節を入れる。
3) 細かいあくをとり、鰹節が沈んだら、静かに濾す。




三つ葉の味噌汁

材料(2人分)
出汁    400cc
あわせ味噌 20g(約大さじ1)
三つ葉   1株

作り方
1) 三つ葉を1cm幅に切る。
2) 鍋にだしを入れ、沸騰させる。沸騰したら、いったん火を止め、味噌をときいれる。
3) 食べる直前に再度火をつけ、沸騰寸前火を止め、三つ葉を入れる。




鍋炊きご飯

材料
米  2合
水  400cc

作り方
1) 米をざっととぎ、水気を切って鍋の中に入れ、水を入れて30分浸水させる。
2) 30分おいたところで、鍋を火にかけ、強火で沸騰させる。
3) ぶくぶくしてきたら、弱火にし、12~13分おく。
4) 火からはずして10分蒸らす。

*最近のお米は、精米技術が発達しているので、以前のように丹念にとがなくてよい。
 2~3回ざっと洗う程度のほうがお米のおいしさが残る。
*1番最初のお米を洗う水は、できたら、水道水でなく、おいしいお水がお勧め。
 ご飯を炊いているときよりも、このときのほうが、お米はお水を吸収しているので。




photo by hironobu nishizawa
[PR]
by inacoya | 2009-10-01 00:00 | R e c i p e s



inaca hiroko catering
by inacoya
カテゴリ
N e w s
R e c i p e s
W o r k s
P r e s s
P r o f i l e
i n a c o y a
news
inacoya お料理教室
2013/6/末
11時〜 / 13時〜
http://inacoya.exblog.jp

contact
catering coodinator
薩本 知美
Tomomi Satsumoto
inacoya@gmail.com
http://www.inacoya.com


以前の記事
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 10月
more...
お気に入りブログ
ESCAPE TO NA...
GALERIE MAIS...
ヒビノアシアト
その他のジャンル