はじめの一品
2009.10.1 thu

おいしい時間をお過ごしですか?

こちらは、出張料理家・稲中寛子さんと一緒に、おいしい雑談をかわしながら綴る日記です。日常のレシピやケータリングのこと、お気に入りのレストランや食材、そしておいしい余談まで・・・残念ながら本人直筆ではないですが、お伝えしていけるといいなって思ってます。

第一回目は「はじめの一品」と題して、鍋炊きごはんと三つ葉のお味噌汁のレシピです。お鍋でお米を炊くなんて大変そう、と思っていたけれど、これが意外と簡単なのだよ、と教えてくれた稲中さん。炊飯器とはまた違う、音の楽しみや香りの楽しみ、そして炊きたてのあの食感をぜひ試してみて下さい。

c0207745_223386.jpg
鍋炊きごはんと三つ葉のお味噌汁


出汁

材料
水   5カップ
昆布  8cm
鰹節  20g

作り方
1) 昆布は布巾で汚れをふき取る。水、昆布を鍋に入れ、弱火で火にかける。
  細かい泡がたってきたら昆布を取り出す。
2) 煮立ったら、火を止め、カツオ節を入れる。
3) 細かいあくをとり、鰹節が沈んだら、静かに濾す。




三つ葉の味噌汁

材料(2人分)
出汁    400cc
あわせ味噌 20g(約大さじ1)
三つ葉   1株

作り方
1) 三つ葉を1cm幅に切る。
2) 鍋にだしを入れ、沸騰させる。沸騰したら、いったん火を止め、味噌をときいれる。
3) 食べる直前に再度火をつけ、沸騰寸前火を止め、三つ葉を入れる。




鍋炊きご飯

材料
米  2合
水  400cc

作り方
1) 米をざっととぎ、水気を切って鍋の中に入れ、水を入れて30分浸水させる。
2) 30分おいたところで、鍋を火にかけ、強火で沸騰させる。
3) ぶくぶくしてきたら、弱火にし、12~13分おく。
4) 火からはずして10分蒸らす。

*最近のお米は、精米技術が発達しているので、以前のように丹念にとがなくてよい。
 2~3回ざっと洗う程度のほうがお米のおいしさが残る。
*1番最初のお米を洗う水は、できたら、水道水でなく、おいしいお水がお勧め。
 ご飯を炊いているときよりも、このときのほうが、お米はお水を吸収しているので。




photo by hironobu nishizawa
[PR]
by inacoya | 2009-10-01 00:00 | R e c i p e s
<< 根菜の季節 Profile >>



inaca hiroko catering
by inacoya
カテゴリ
N e w s
R e c i p e s
W o r k s
P r e s s
P r o f i l e
i n a c o y a
news
inacoya お料理教室
2013/6/末
11時〜 / 13時〜
http://inacoya.exblog.jp

contact
catering coodinator
薩本 知美
Tomomi Satsumoto
inacoya@gmail.com
http://www.inacoya.com


以前の記事
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 10月
more...
お気に入りブログ
ESCAPE TO NA...
GALERIE MAIS...
ヒビノアシアト
その他のジャンル